平成24年度天神山文化プラザ開館50周年記念
ホール提案事業
Persona Blanca(ペルソナブランカ)『Femme fatal』
(平成24年6月30日(土)、7月1日(日)公演) 鑑賞モニター感想

※提出された感想の中から、一部抜粋して掲載しております。

『SALOME』(サロメ)

●すべて新鮮でした。原作を知らないのですが、くり返しのセリフや、映像はあまり受けつけられませんでした。
何となく淫靡な空気も音楽も。
ストーリーは、サロメの立場、心情、境遇、悲哀を感じ、後に色んな生活、人生の場面と重ねられ、考えさせてもらう機会となりました。
最後までみると、あの映像は、効果として必要だったのだなあとも感じました。
途中のライブパフォーマンスは一体感がありよかった。(40代・女性)

●とても前衛的な作品でした。内容も、発想も。
何とも言えない世界で、少々分かりづらかったが、次第にひきこまれていった。(60代・女性)

●仮面による演劇、声はふきかえ?という演出なので、入りやすい一面、シナリオが原作を簡略化しすぎていると思う。声のデフォルメで、ステレオタイプで、分かりやすいキャラに仕上がっているが、役回りが少ない人物は誰?となっています。
全体として、よく編集できているが、ノイズの多様や色彩効果にこだわりすぎの一面もあった。LIVEのダンスは、びっくり。でも、あそこまでするんだ、すごい、すばらしい!!(50代・男性)

●よい作品を見せてもらって、自分の感性がすごく高くなったような気がします。
まず、舞台の背景を誰も思いつかない、天神山文化プラザの屋上に設定されたのには驚いた。監督の天神山文化プラザという施設への愛情が伝わってきます。映像を見進めていくうちに、天神山文化プラザの屋上がイスラエルの地へと化され、とてもよかった。
映像の中に盛り込まれた人間の歌声は、その驚くべき凄まじい情念がすっとこちらへ入ってきて、とても効果的だった。
実演の踊りがまた素敵で、たのしくとても妖艶でよかった。
難しい作品を分かりやすく和訳して、このように興味深い作品に仕上げたのは、監督の素晴らしい技であった。(40代・女性)

●マスクが伎楽やインドネシアの影絵、ベネティアの仮面、歌舞伎のくまどり、神楽など色々でおもしろかった。
フィルムの処理が異次元へ引き込む手助けをした。
途中、サロメが実際に踊ったが、急に肉体を感じて、雰囲気が変わってしまった。私は、映像で通した方がよいと思う。(60代・女性)

●映像のテクニックで、天神山文化プラザの屋上が別世界になっていました。
かなり映像効果をきかせているのですが、決して浮くことなく、独特の世界を作り出していることが、とても不思議でした。カメラアングルが大胆で面白かったです。
映像だけでなく、生の(姫様の)悩ましいダンスが行われたことは、ニクイ演出だったと思います。(50代・女性)


『人魚の話』

●庭園を利用した舞台が、とても新鮮でした。
舞台と語りと音楽が、よくマッチしていたので、自然にお芝居の世界に入り込んでいました。
庭園の空間を贅沢に使用していたので、迫力があったと思いますし、空間をよく計算されていたので、鑑賞していて気持ち良かったです。
雨の中、演技し辛い部分もあったと思われるのですが、最後まで、あきさせる事のないお芝居だったと思います。
役者さんが、違ったお面を付けると、全く別人になることには毎回感心させられますし、お面に表情を感じることが、いつも不思議です。
悲しいストーリーなのですが、二人の愛は、最後まで裏切られることはなかったので、その部分は救いでした。(50代・女性)

●ロウソクの持つイメージと人魚の悲しい運命を重ねることが出来ました。
途中、冷ややかな風が演出効果を更にUPされ、人間の業を憐れに思いました。
古市福子さんの朗読に引き込まれた一時でした(50代・女性)

●とてもおもしろかった。脚本・語りがよかった。
野外に加えて、天神山文化プラザの庭の使い方がとても有効で、幻想的な雰囲気がよかった。(60代・女性)

●くじらが泣いて歌う場面では、本当に涙が出ました。
古市福子さんの朗読は、大変勉強になりました。
年老いた人魚を王子が見た目で判断して痛々しく扱うのかなあと思ってましたら、違っていて、感銘をうけました。
ライトアップされた天神山文化プラザの庭は大変美しく、思わずうっとりした。(40代・女性)

●お面をつけて表現していく日本古来の芸能(能、狂言、歌舞伎)のどれとも違うどこかで違和感を感じながら、でも引き込まれてしまう。
仮面で顔を隠しているにも関わらず、その下の表情が感情が見えてくるような気がします。
今回は、夜のライトアップにより、より影が表情に深みを持たせていたように思います。
ただ、あらすじ自体は、なんとも後味の悪いものでした。
人間の欲望やいやな部分を引きずり出したような心にずっしりと重くひっかかる作品でした。
天神山文化プラザの庭の築山や池、石橋などを舞台にうまく利用していたことには感心しました。
古市さんの朗読、白神さんの演奏もとても良かったです。(60代・女性)

●雨という悪条件の中、それでも会場の庭の造形を活かした演出には、心ひかれるものがありました。
ただ、スタートしてしばらく、朗読のみの時間は、何もおきない庭を見ているだけで、マイクを通しての朗読のみでは、作品の世界に入れないなと思いました。
ペルソナ舞踏は、初めて見たのですが、すごかった。
肉体の表現がとてもリアルに感情を表現できていたので、感動しました。
男性の極端に異なるキャラクターの演じ分けもすばらしかった。
「朗読」と「舞踏」のコラボは、もう少し多くの場面や深いからみがあってほしかった。
即興演奏素晴らしかったですね。
あの音が、この作品をまとめ、サポートし、リードしていたといっても過言ではないと思います。
観客のどの位置だとどうみえるかというのを本当に細かくチェックし、セッティングし、演出も変えて欲しかったですね。(60代・女性)


『夢幻能 イフリート』

●大人向けの舞台を鑑賞することは、ほとんどなかったので、初めは、言葉を聞き取って、物語をよみとろうとするのに集中しようとしていました。
けれど、いつの間にか、音楽と動き、光、そして何よりもレンズを通しての蛍光塗料の立体的視覚にひきこまれていました。
ストーリーも、慣れてくるとよく分かり、幻想的な世界に魅了され、あっという間に時が過ぎていました。
舞台上で実際に筆で描かれる絵文字は、迫力を感じました。(40代・女性)

●生の音楽、二人の声優の生の声が舞台を盛り上げた。
蛍光塗料に3Dメガネは、おもしろかったが、目が疲れた。
音楽が大きい時には、女性の声がソフトすぎて、よく聞き取れなかった。
イフリートが何なのか、チラシを見ても分からなかった、あとでスタッフに尋ねたら、魔神の名前らしい。(60代・女性)

●新感覚の演出で、アイデアが面白いと思ったが、ストーリーが分かりにくいと思った。
変身の部分は、絵で表現したり、文字で表現したりしていたが、どちらかに統一していた方が見やすかったように思う。
声の表現は、とてもよく、演じる人と声をする人との一体感もあった。
前半は、しっかりと作られているが、後半が雑な印象もあり、後半部分にもう少し視覚的に盛り上がる場面を組み込むと、もっとよい作品になると思う。(30代/女性)

●蛍光塗料の効果を用いて、舞台上に独特の世界を作り出せることが、かえって不思議でした。その効果は、お芝居をきちんと生かしていたと思いますし、面白かったです。
音楽(効果音含む)がとても迫力があり、お芝居に緊張感を出していたと思います。
蛍光塗料で書かれた文字や模様が、独特で、よく考えられていることに感心させられました。(50代・女性)