ホールの催し物

Kaspar Hauser El huérfano de Europa
カスパー・ハウザー/ヨーロッパの孤児
平成30年ホール・セレクション

ホール有料主催募集中

2018年10月12日(金)

自由席(税込)
【前売り】一般2,500円
【当日】一般3,000円
【前売り当日一律】
外国籍の方1,800円
U20(20歳以下)1,500円
小学生~高校生1,000円
※対象年齢小学生以上。未就学児の入場はご遠慮ください。
※車椅子でのご来場予定のお客様は事前に天神山までお問い合わせください。
※U20チケットは公演日に満20歳以下を対象としたチケットです。購入時に年齢明記の写真つき身分証の提示が必要です
    

19世紀ドイツ最大の謎、数奇な運命に翻弄されたカスパー・ハウザーの生涯を、スペイン気鋭のダンサー、ルス・アルカスがポエティックで美しいダンス作品へと昇華。2018年10月、東京→岡山で上演。西日本初上陸!

 

19世紀ドイツ最大の謎、ヨーロッパの孤児であるカスパー・ハウザーは、発見当時16歳(推定)。ほとんどまともに言葉を話せず、立つのもやっとの状態で18285月のニュルンベルクの広場に現れた。間違いだらけの綴りで書かれた、2通の匿名の手紙を携えて…。21年間という、その短い生涯を数奇な運命に翻弄され続けた彼の真の出自は最後まで分からず、彼の墓石には「ここに、彼の生の謎とともにK・ハウザーは横たわります。生年月日未知、謎に包まれた死。」と記されている。

謎に満ちたカスパーの世界、そのミステリアスで孤独かつ不思議な生涯を、スペイン気鋭の振付家でダンサーのルス・アルカスが独自の感性でポエティックな美しいダンス作品として物語を紡ぎだした。



振付、踊り:ルス・アルカス
作曲、ピアノ、ドラム:カルロス・ゴンザレス
音楽ディレクター:アブラハム・グラヘラ
照明:ホルヘ・コロメール
衣装デザイン:Heridadegato
舞台美術:ホセ・サケス/アナ・モンテス
写真・映像:ビルヒニア・ロタ
プレス・コミュニケ-ション:Cultproject
プロダクション:ラウラ・オルテガ
グラフィック・デザイン:マリア・ペイナド
ディストリビューション:岡田理絵
ディレクタードラマトゥルゴ:ルス・アルカス、アブラハム・グラヘラ

※本作品はスペイン文科省により製作されました。

[ 東京公演 ] 2018年10月10日() セルバンテス文化センター

 

[ 岡山公演 ]
2018年10月12日 () 開演 19:30 
※開場は開演の30分前

 

※対象年齢小学生以上。未就学児の入場はご遠慮ください。 

※車椅子でのご来場予定のお客様は事前に天神山までお問い合わせください。

U20チケットは公演日に満20歳以下を対象としたチケットです。購入時に年齢明記の写真つき身分証の提示が必要です。

Prices for open seating ticketsTax incl.)In advance 2,500 On event day 3,000
International residents 1,800/Ages under  20 ¥1500
Elementary to High School  Students ¥1,000


[ チケット購入について ]


■お電話で購入


ご予約方法

天神山文化プラザ2F情報センター窓口 086-226-5005 
受付時間9:00~18:00 ※毎週月曜日は休館日

公演名・公演日・枚数・お客様のお名前をお伝えください。


■窓口で購入

天神山文化プラザ2F情報センター窓口にご来館いただき、「公演名、公演日時、枚数」をお伝えください。
 一般発売日の午前9時から公演前日までとなっております。
公演当日は1階ホールホワイエの受付までお越し下さい。


■プレイガイドで購入


ぎんざや (086)-222-3244  岡山市北区表町1丁目10-35(午前10時~午後6時)

インディスク (086)422-1457 倉敷市阿知1丁目7-1天満屋倉敷店4階(午前10時~午後730分)

■オンラインで購入

以下のサイトでもチケット発売中!


チケ探

http://zenkoubun.ticketan.net/detail/?js=T09000006&j=000000003

※チケ探での販売は一般チケットのみとなります。その他チケットのお申し込みは、岡山県天神山文化プラザへお問い合わせ下さい。


主催:岡山県天神山文化プラザ (指定管理者  公益社団法人岡山県文化連盟)
共催:おかやま文化芸術アソシエイツ
後援:スペイン大使館 

 
 Luz Arcas(ルス・アルカス)
La phármacoカンパニー(設2009年)の代表、そして本作品のメインのダンサーはルス・アルカス(35歳、スペイン国籍)。数あるスペインの同世代のコンテンポラリーダンスカンパニーの中でも突出した才能が際立つアルカスは、数々の賞(Critic’s Eye Prize for Dance 2015,Award for Best Female Dancer 2015 at the Lorca Awards, Finalist for Best Female Dancer in Premios Max 2017,Abraham Gragera-Critic’s Eye for Poetry Prize,2013)をこれまでに受賞。大学では舞台演出、舞踊振付を専攻。

La Phármaco (ラ・ファルマコ)

2009年にルス・アルカスとアブラハム・グラヘラによって設立。ダンスにまつわる思想とシアター的言語を織り交ぜながら、儀式性について深い考察を行ってきた。観客とパフォーマーが違った形で出会うことが可能な、劇場空間以外の場所でも積極的に作品を発表。同カンパニーの最新作“Embodying What Was Hidden”は、ニューヨークのKing JuanCarlos Centerで初演されて以降、ベルリン、バルセロナ、ニューデリで再演。また、独自のメソッドを生かしたワークショップを世界中で行う。

○“言語と世界” 

    Malabo, Equatorial Guinea

○“あなた光を持つ者”

    National School of Drama in New Delhi

このプロジェクトは、Dance Center CanalThe National Dance CompanyThe Andalusian Agency for Cultural InstitutionsINAEMThe Ministry of CultureEducation and SportSGAEthe Community of MadridCervantes InstituteAECIDからサポートを受けています。


 
 
前日にダンス創作ワークショップを開催!! 
 
※受講者は定員に達しました、見学のみ受付中となります。
 沢山のご応募、ありがとうございました!

 
ルス・アルカスダンス創作WS ワークショップ
2018年10月11日(木) 19:00~21:30
場所:岡山県天神山文化プラザ ホール
対象:中学生以上、一般
定員:15名程度(先着順)
受講料:1,800円 ワークショップ見学500円
※受付は18:15より開始となります。
持ち物:動きやすい服、タオル、飲み物
応募締切:2018年10月4日(木)
以下の8点を明記の上、下記連絡先までメール、FAXまたはお電話でお申込み下さい。
 ①名前②ふりがな③性別④年齢⑤電話番号 ⑥メールアドレス⑦(未成年の場合のみ)保護者氏名・携帯番号⑧ダンス経験の有無
















お問合わせ先

岡山県天神山文化プラザ Tel 086-226-5005  午前9時~午後6時(月曜休館)

カスパーハウザー/ヨーロッパの孤児 裏
このページのトップへ

催し物案内