展示室の催し物

天プラ・セレクションVol.76 安中仁美 展「ささやかな備忘録」

「ナズナと林檎の庭で」2015年 油彩、アクリル/キャンバス

第3展示室無料主催

2017年3月28日(火)~4月2日(日)

時間:9時半〜18時(最終日は16時まで)

安中仁美は広島県在住の画家です。筑波大学大学院在籍中から全国公募団体二紀会を発表の軸として活動を続け、2013年に岡山県へ移住。県ゆかりの新進作家を育成するI氏賞奨励賞を受賞するなど活躍の場を広げてきました。
「なぜか気になる」という感覚と出会うことは、自分の中にある新しい扉に気づかせてくれますが、安中の絵画は日常的な光景でありながら見過ごせない、気になる「何か」を秘めています。はっとするような画面構成や、丹念に描き込まれた対象、見えないくらい遠くを見つめる不思議な視線。画面の様々な要素から、心の中に湧き上がった「何か」について語ろうとしている作者の確かな意思が感じられます。
「日常の中で邂逅する心震わせるモノや風景。日々起こる出来事と、そこから生まれる自分の心の変化。私の作品は、それらが共鳴するひとときの交わりを記録するささやかな備忘録なのです。」と安中は言います。
彼女の絵画世界は私たちの心に波紋を広げ、日常の中に新しい気づきを引き起こしてくれるでしょう。
 

略歴
1988 群馬県生まれ
2011 筑波大学芸術専門学群美術専攻洋画コース 卒業
2013 筑波大学大学院人間総合科学研究科博士前期課程芸術専攻 修了
岡山県に移住 約2年間住む
現在 広島県在住
    
個展
2013 「VOYAGE」(銀座あかね画廊/東京)
2016 風景からの問いかけ 安中仁美 油彩画展(天満屋広島八丁堀 7階アートギャラリー/広島)
 
主なグループ展
2012 「Nouveau Vanitas展〜11作家によるヴァニタスの再解釈〜」(ギャラリーボヤージュ/東京)
2014 「二紀会三人展 安中仁美 小牟禮雄一 渡辺善」(銀座あかね画廊/東京)
2016 EXHIBITION by ZERO!(あかね画廊/東京、ギャラリー唐橋/滋賀県) 
 
賞歴
2011 筑波大学芸術専門学群卒業制作展 筑波大学芸術賞
2011 第2回青木繁記念大賞西日本美術展 優秀賞
2011 二紀展 入選[以降’12、’13春季、’14、’15]
2012 第47回昭和会展 出品
2012 第27回全国絵画公募展IZUBI 賞候補
2015 第8回岡山県新進美術家育成I氏賞選考作品展 奨励賞
2016 「第70回記念二紀展」奨励賞
 

お問合わせ先

岡山県天神山文化プラザ
Tel 086-226-5005

このページのトップへ

催し物案内